漢方内科

慢性的に症状があっても原因が特定できず西洋医学で対応できない場合や、西洋医学では十分な効果が得られなかったときは、漢方での治療が有効な場合があります。
お悩みの体の不調がありましたらご相談ください。

漢方で対応できる疾患や症状の例

  • めまい、耳鳴り、頭痛、自立神経失調症
  • アレルギー性鼻炎、花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病、痛風などの生活習慣病
  • 冷え性、肩こり、倦怠感、更年期障害 など

漢方内科の診察 四診

漢方治療では望診(ぼうしん)、切診(せっしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)の4つの方法で患者さんの情報を集めて、処方を決めていきます。

望診(ぼうしん)患者さんの顔色や肌、舌などの状態を目で確認する
切診(せっしん)お腹や脈など患者さんに触れて状態を把握する
聞診(ぶんしん)声など人の発する音やにおいから状態を知る
問診(もんしん)生活習慣や症状など患者さんのお話から状態を知る問診

漢方治療は患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療です

来院の際には漢方薬を飲んでからの様子を伺い、より患者さんにあった処方になるように調整していきます。 漢方薬は一部の生薬を除いて保険適応になります。 多くは漢方エキス剤で、煎じる手間が必要がなく、治療を続けやすくなっています。

必要に応じて西洋医学の治療を

疾患によっては西洋医学の治療が適切な場合もあります。その場合には西洋医学と東洋医学を合わせて、最適な治療を提案していきます。