睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

眠っている間に呼吸が止まってしまう病気を睡眠時無呼吸症候群(SAS)といいます。睡眠中に10秒以上の気道の空気の流れが止まった状態を「無呼吸」とし、この無呼吸の状態が平均して1時間に5回以上、あるいは一晩で30回以上あると睡眠時無呼吸症候群といえます。

正常な睡眠
睡眠時無呼吸

睡眠時の無呼吸は体に大きな負担をかけていきます

本来休息となるべき睡眠中に呼吸が止まることで、脳や体に大きな負担がかかっていきます。その結果、日中に強い眠気や注意力の低下を引き起こし、日常生活にも影響を及ぼすこことがあります。加えて、高血圧や心臓病などの生活習慣病リスクも高くなります。

ご家族やパートナーにいびきや無呼吸を指摘された方や、日中の強い眠気や倦怠感などの症状のある方はご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

眠っている間

  • いびき
  • 呼吸が止まる
  • 呼吸が乱れる
  • 息苦しさを感じる
  • 何度も目がさめてしまう
  • 寝汗をかく

起きている時

  • 強い眠気
  • だるさ
  • 倦怠感
  • 集中力や記憶力の低下
  • 起床時の頭痛や口の渇き
  • 睡眠をとっても熟睡感がない

睡眠時無呼吸症候群の検査

クリニックでお渡しした検査機器を装着して、ご自宅でいつも通り睡眠を取るだけで検査ができます。ご自宅で検査可能なのでお仕事にも影響がありません。検査は保険が適用されます。気になる症状のある方は、お気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP(シーパップ)

睡眠時の無呼吸を防ぐために、鼻を覆うマスクを着用して加圧した空気を送ることで気道を広げて呼吸をサポートします。マスクをつけて寝なければいけないので、慣れるまに時間のかかる方もいますが、睡眠の改善に効果的です。

検査をして一定の条件を満たせば保険適応になります。

睡眠時無呼吸CPAP治療

ナステント

鼻からチューブを挿入して気道の閉塞を防ぎ呼吸を助けます。挿入したチューブの先端は口蓋垂(のどちんこのあたり)まで達しますが、とてもやわらかい素材で出来ているので多くの方はあまり負担を感じることなく使用できます。

CPAPと異なり電源が不要のため、旅行や出張時の持ち運びにも便利です。保険は適用外になります。

睡眠時無呼吸ナステント